上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ゲームをふぬああ(hunuaaCap)で録画してみよう。設定晒し

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hunuaacup 1

ゲームの映像をふぬああキャプで取り込んでみよう!
という記事。
ただ、録画の方法は検索すれば出てきます。私も検索してやり方を学んだので。

でも、ちょっとこの設定は難しいところあるよね。というところをまとめてみました。
なお、スマブラXのリプレイ録画支援記事でもあります。
この記事では、録画の方法までの問題点を解決していきます。
ですので、アップロード等などは自分で探してください。

・前置き
この方法が最善というわけではありません。
ですが、私が実際に動画をアップロードできている設定なので、とりあえずは大丈夫な設定です。
改善点等がありましたら、コメント等からどうぞ。
キャプチャーすると遅延が発生するので、アクションゲーム等は不向きな可能性が高いです。
解決策も紹介しますが、パソコンの画面から格闘ゲームをプレイしながら録画。等は基本的に難しいです。




・圧縮形式の説明から
hunuaacup 2
可逆圧縮形式の「マルチスレッド対応版Huffyuv」を使えばCPUが負荷が少なくて済みます。
可逆圧縮形式は他にもいろいろありますが、自分の好きな形式を使ってみるのがいいのかも。
中には音にノイズが乗っかってしまうことがある形式があるようなので、一応これが無難なのかな。

可逆圧縮で保存した動画は、劣化がし難い。要するに綺麗に撮れる。
負荷が軽い。等のメリットがありますが、容量はものすごく大きくなります。
スマブラXのリプレイですと、数GBは覚悟しておいてください。
大体、5GB以上の空き容量があれば全然大丈夫です。



・キャプチャー時の設定いろいろ
特にオススメの設定などは無いんですけど、とりあえず私が使っている設定はこんな感じ。
実際に動画が問題なく撮れているので最善ではないにしろ、一応は大丈夫かなと思います。

hunuaacup 3
hunuaacup 4
後々書きますが、音はマイク端子から取り込む設定にしてあります。

スマブラのリプレイの場合、画面プレビューをする必要はないのかもしれませんね。
でも、プレビューしても負荷にゆとりがあると思うのでプレビューさせましょう。
録画しているとき、極端に重いと感じたら画面プレビューはOFF。



・録画したらすぐにエラーが出た場合
ふぬああ(hunuaaCap)の使い方
字が表示され難い場合は、Ctrl+All等で見やすくしましょう。

ここで紹介されている「AXファイルの登録」をすると解決できることがあります。
私もこの方法でエラーを回避できました。
ですが、少しわかりにくい部分だと思ったので補足しておきます。

hunuaacup 8
Regsvr32とはこれのことです。
system32というフォルダに入ってますので、名前順に並び替えたりして探してください。
このファイルにドロップするだけです。

この作業を怠ると録画開始時にエラーが出て破損ファイルができ、explorerが落ちたりするので注意しましょう。
録画するのにおいて一番重要な設定。


・録音について
私はマイク端子から取り込む形を取ってます。
キャプチャーボードの性能等にもよると思いますが、私の使っている「玄人志向 SAA7130-TVPCI」では、
キャプチャーボードで音を取り込むよりもマイク端子から取り込んだほうが上手く録音できました。

マイク端子から録音する場合、キャプチャーボードの音声プレビューを切り、
Windowsの音量設定からライン入力をオンにして、設定からマイクをオンにしてください。



・ゲームをプレーしながら、遅延なしで録画する場合。
スマブラXにはリプレイ機能があるのですが、そんな便利な機能がどのゲームにもついているわけではありません。

分配器等を使えば、テレビとパソコン両方に出力できるのでテレビを見ながらプレイすれば遅延を避けられます。
この方法が最もメジャーかもしれません。

もう一つ、私が使っているビデオデッキを使った擬似分配器。
古いブラウン管テレビ、ビデオデッキにはRF端子が付いています。
ビデオデッキからゲームの映像を取り込み、このRF端子の出力からテレビへ。
そして、AV端子の出力からパソコンへ繋げばいいのです。
こうすれば、分配器と同じ役割を果たすことができます。

私の場合、この方法を使うとテレビ画面に若干の縦線が入るのですが、
ゲームをするのに支障をきたさない程度のものなので、通常と同じようにプレイしながら録画できます。


・アップロードとか
録画で出来た巨大なAVIファイルをaviutl等のエンコードソフトを使ってエンコードします。
エンコードはdivix形式あたりが簡単で無難かもしれません。
どうしても音がずれたりするときは、音をwavで乗っけるのも手。
なお、aviutlには切り取り機能や明度の調整、インタートレス解除等の便利な機能があるので試してみるといいかも。
インタートレスは自動で入りますので設定を弄る必要はないかも。
ゲームプレイ動画に最適?youtubeエンコでニコニコ楽々エンコード
などの記事を参考にしてもらればニコニコにアップロードも楽にできるかなと思います。


以上でこの記事は終わりましたが、解決のヒントになったでしょうか?

ゲーム動画ってどうやって撮っているのか?ゲーム動画の撮り方講座
以前こんな適当な記事を書いてしまって、それの反省も含めて細かく解説してみました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント(基本返信しますが、メッセ等で返す場合あり)
コメントを投稿(このコメントはマリアさんに監視されています)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ricecake6000.blog34.fc2.com/tb.php/477-09fefd8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック(マリアさんフィルターのチェックあり)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。